チャート解説

実際のFXチャートを解説。

チャート解説

【FXチャート解説:EURUSD】上位トレンドに沿った長いヒゲには注意!?

FXで上位トレンド方向に沿った「長いヒゲ」の出現は推進波再開のスイッチになったりします。なので、下位レベルでこの長いヒゲに対抗するようなトレードプランはあまり良い選択にならないことがありますので、注意が必要です。
チャート解説

【FXチャート解説:EURUSD】攻防の決着をつけるトリガーになる波

FXのチャート上には大小数多くの攻防があるわけですが、その攻防の決着をつける「トリガー」になるような波があります。そのようなトリガーに着目することは、トレード効率を上げやすい場面を選択するポイントだったりします。
チャート解説

【FXチャート解説:USDJPY】効率の悪い形の時は焦らずに一度待ってみる

自分の予測通りに価格の動きが展開した時に、ポジションを持って利益を上げたくなりますよね。ですが、その時にトレードのしやすいチャートの形になっているかどうかは別の話だったりします。無理にエントリーする以外にも、一度待ってみるという選択肢があります。
チャート解説

【FXチャート解説:USDJPY】自民党総裁選にも見られる多数決における大衆心理

最近話題の「自民党総裁選」とFXの共通点はもちろん、「多数決のゲーム」であるということ。やはり、FXでも選挙でも「勝ち馬」に乗るのが重要であり、ポジションを持つ(支持を表明する)タイミングにトレーダー(議員)のスタイルの違いが現れたりします。
チャート解説

【FXチャート解説:USDJPY】勢力の攻防が局面の変遷を作る

FXチャートの価格の流れを局面として捉えた時、この局面の変遷が勢力の攻防によって起きます。自分が予測している上位の流れに対して、それを確認出来るような「素直」な局面もあれば、判断が「難しい」局面もあるわけです。
チャート解説

【FXチャート解説:USDJPY】終値が確定した時点で「材料」の意味が変わる

FXのチャートを見ていると、今にも水平線を抜けて伸びていきそうだなと思っていても、、、ローソク足が確定してみると「ヒゲ」で確定してしまう場面はありますよね。終値ベースで抜けが確定した場面と、ヒゲで確定した場面では「材料」の意味が変わってきます。
チャート解説

【FXチャート解説:EURUSD】どのタイミングで仕掛けるかはスタイルの違いではあるけれど、、、

「戻り売り」を仕掛けること自体は結果的に見ても正解だったので、なぜか利益が上がらなかった、、、なんてことが多いトレーダーは要注意。仕掛けるタイミングはトレーダーのスタイルの違いではあるけれど、「根拠」「材料」が必要な分だけ揃っているかどうかは重要です。
チャート解説

【FXチャート解説:AUDUSD】H&Sの展開が期待されて注文が集まるエリア

FXのチャート分析においても有名なチャートパターンである「ヘッドアンドショルダー(H&S)」。チャートポイントに価格が到達した時に「H&S」の形になるかは分かりませんが、「H&S」の絵が見えてきた時に、その展開を期待する相場参加者が多い場面であれば、注文が集まるエリアになります。
チャート解説

【FXチャート解説:AUDUSD】トレンドが転換時に作る「押し込み」が第2波の正体だったりする

トレンドが発生すると、転換する場面でも、それまでのトレンド方向のまま目線を持っている「残存勢力」的な相場参加者が存在します。これらの勢力による「押し込み」がエリオット理論で言うところの「第2波」の正体だったりします。
チャート解説

【FXチャート解説:AUDUSD】トレードが「しやすい」エリアと「しづらい」エリア

FXのトレードにおいて、「トレードしやすいエリア」と「トレードしづらいエリア」が存在します。どのようなトレード手法を使うかよりも重要だったりします。
タイトルとURLをコピーしました