チャート解説

【FXチャート解説:EURUSD】どのタイミングで仕掛けるかはスタイルの違いではあるけれど、、、

「戻り売り」を仕掛けること自体は結果的に見ても正解だったので、なぜか利益が上がらなかった、、、なんてことが多いトレーダーは要注意。仕掛けるタイミングはトレーダーのスタイルの違いではあるけれど、「根拠」「材料」が必要な分だけ揃っているかどうかは重要です。
週報ラプラス

【週報ラプラス】2021/8/30-9/3『EURUSD』FXチャート解説

2021年8月30日から9月3日までの『EURUSD』のFXチャートについて解説。実戦例も紹介。
トレード手法

当たり前なことだけど、「買う人」がいなくなるから価格は下がる#2

FXの価格が動くメカニズムとして、「買う人」がいなくなるから価格は下がるという視点があります。今回は、この動きを実際のFXチャートを使って確認してみます。
チャート解説

【FXチャート解説:AUDUSD】H&Sの展開が期待されて注文が集まるエリア

FXのチャート分析においても有名なチャートパターンである「ヘッドアンドショルダー(H&S)」。チャートポイントに価格が到達した時に「H&S」の形になるかは分かりませんが、「H&S」の絵が見えてきた時に、その展開を期待する相場参加者が多い場面であれば、注文が集まるエリアになります。
週報ラプラス

【週報ラプラス】2021/8/23-27『EURUSD』FXチャート解説

2021年8月23日から27日までの『EURUSD』のFXチャートについて解説。実戦例も紹介。
トレード手法

当たり前なことだけど、「買う人」がいなくなるから価格は下がる#1

FXの価格は「買い勢力」と「売り勢力」のパワーバランスの結果によって動きます。なので、当たり前なことですが、「買う人」がいなくなれば価格は下がります。逆もまた然り。
チャート解説

【FXチャート解説:AUDUSD】トレンドが転換時に作る「押し込み」が第2波の正体だったりする

トレンドが発生すると、転換する場面でも、それまでのトレンド方向のまま目線を持っている「残存勢力」的な相場参加者が存在します。これらの勢力による「押し込み」がエリオット理論で言うところの「第2波」の正体だったりします。
週報ラプラス

【週報ラプラス】2021/8/16-20『EURUSD』FXチャート解説

2021年8月16日から20日までの『EURUSD』のFXチャートを解説。実戦例も紹介。
トレード手法

FXのチャート分析で複数のテクニカル分析を併用するのは、複数のラジオを同時に聴くようなもの?

FXのテクニカル分析を「相場参加者の声が聴けるラジオ局」のように例えるなら、複数のテクニカル分析を併用するのは複数のラジオ局を同時に聴くようなものですね。一見、入手できる情報量が増えて分析に有利なような気もしますが、、、
チャート解説

【FXチャート解説:AUDUSD】トレードが「しやすい」エリアと「しづらい」エリア

FXのトレードにおいて、「トレードしやすいエリア」と「トレードしづらいエリア」が存在します。どのようなトレード手法を使うかよりも重要だったりします。
タイトルとURLをコピーしました